設立の最短日数

株式会社設立の最短日数について

株式会社設立には非常に複雑な書類を用意しなければなりませんので一般人にはかなり負担の大きな作業となります。しかしこのような法的な勝利の扱いや手続きに慣れたプロの手にかかれば最短で1日の手続きで株式会社設立までたどり着くことが可能です。株式会社は作ろうと思えば朝8時から活動を開始すれば法務局の営業時間である5時15分までに書類申請までを終了させることが可能であるということができます。勿論、これは内容にこだわらずに作るならばということであり、株式会社設立の様な大仕事であれば慎重に検討を重ねて設立まで持っていくのが当然のことながら正しい道であるということができます。
しかし急いで株式会社設立をしなければならない事情がある場合もあるでしょう。そのような状況に陥る時点であまり良いことではないのですが、もしそうなったときに業者に依頼すれば最短1日でも可能な手続きであるということを知っておくのは重要なことなのです。
会社を作ろうとするときには発起設立という方法を取るのが一般的です。そのために必要な書類というものは明確に定められており、まずは定款を作成することが求められます。そして出資を履行すること、設立時役員を決定すること、その他必要事項を決めて設立時役員が会社設立について調査すること、そして最後に設立登記をすることが必要になります。必要書類として発起人の印鑑証明が必要になるので会社の印鑑を作らなければなりませんし、定款作成後には出資を履行したことを証明する預金通帳の残高の証明を入手する必要があります。これらの書類に関しては業者に代行してもらうことはできませんので事前に準備しておく必要があります。最短で作成する場合にはこの部分に関しては終わらせてあるということが重要になります。
定款の中身はこれから作ろうとする会社の情報を記載する必要があります。そのため設立するのが株式会社の場合には発行株式数や設立時役員などを決めておく必要があります。また会社の所在地を記載する必要もありますのでそのあたりを明確にしておく必要があるでしょう。ここまで揃えれば登記申請まで進めることができます。しかしこれらの書類には細かな取り決めが沢山あります。印鑑は直径で1センチメートル以上のサイズが必要になりますし、銀行に口座を作ってお金を振り込んでおく必要もあります。全てがしっかりできている必要がありますのでプロの力を借りるのが良いでしょう。

最近の投稿

Copyright© 2014会社設立する前に相談しよう All Rights Reserved.