会社設立の苦労

会社設立の苦労について

会社設立することはとても面倒で問題が多く、苦労の多いものです。たくさんの事務処理が必要となりますし、役所とのやり取りは思ったようには進まない場合も多く、いらいらすることも多くなっています。会社設立の手続き自体は代行業者にお願いすることもできるので、面倒であれば、会社設立手続きは代行してもらうと良いでしょう。

問題は会社設立後にも続きます。ビジネスが軌道に乗るまでは、サラリーマン以上に大変な場合も多いからです。サラリーマンは売り上げが上がらなくても給与がありますが、独立してしまったら、売り上げがなければ、無収入になってしまいます。また、会社設立直後は社会的な知名度や信頼感もないので、顧客獲得が難しかったり、融資が受けられないなども問題に直面する場合も少なくなりません。

しかし、独立することは大変な分だけの価値があり、何よりも人にやらされるわけではないので、遣り甲斐とやる気を持って取り組める場合が多くなっています。自分の裁量がとても大きくなりますから、何をやるにもやりやすく、納得して行動できるからです。また、嫌な仕事は断ったりすることもできますし、自分の働き方も自分で決められるというメリットがあります。さらに、儲けたら儲けた分だけ、自分の収入が増えるようになりますから、金銭的に見ても、遣り甲斐を感じやすくなります。

最も多くの人が苦労することは、顧客獲得や売り上げの確保、資金の調達になります。最も意外にも苦労する羽目になったと感じることが多いのは事務処理の煩雑さです。顧客獲得に躍起になろうと思っていたが、予想以上に事務処理に振り回される羽目になる場合も多いのです。よって、会社設立するなら、最低限の会計処理や税務の仕組みについては習得しておくことをおすすめします。

サラリーマンと比べると経営者になった場合には、より多くの業務にかかわらなければなりませんし、会社全体の業務をある程度は把握しておく必要があるからです。致命的な苦手分野があると、仕事のバランスを上手く取ることができず、ビジネスが上手くいかなくなる場合も多いので、会社の全ての業務について、基礎はもちろんのこと、自分でも何とか業務をこなせるようにしておくことが大切です。もちろん、自分でできるが時間や手間を考えて、代行をお願いしたり、社員を雇ってやってもらうことを検討することは悪いことではありません。ただし、丸投げは危険なので、代行内容を報告されたら、理解できることは必要です。

最近の投稿

Copyright© 2014会社設立する前に相談しよう All Rights Reserved.